英会話は「英会話の習い方」の英会話に必要なこと

  • HOME
  • 英会話に必要なこと

英会話に必要なもの

英字新聞を読むには英単語を3000以上理解していないと読めないと言われます。しかし、日常的な英会話で必要な英単語は1500程理解していれば、十分に会話が出来ます。学生の時に習った文法などは忘れて、日常的に使われる英語のフレーズのみを耳で覚え、話しをすることにより、英会話を覚えることが出来ます。

大切なのは単語や文法で覚えるのではなく、シチュエーションにあったフレーズを感覚的に記憶することにより、この時にはこういった会話、といった感じに返せることが大事なのです。日本のお家芸とも言える、一語一句間違いがなく正しい事を伝える、といった能力も、もちろん場合によっては必要になりますが、会話をする上では、多少の間違いがあっても十分に通じます。

もちろん、正しい文法で会話が出来るのがベストですが、文法を習いたいのであればテキストなどで事足ります。目標がビジネス用の会話力などであれば、正しい文法などを覚えた方が良いかと思われますが、書類を扱わないのであれば、それほど目くじらをたてる必要もないかと思います。

とにかく会話をしよう

日本で観光や滞在している外国の方などで、片言の日本語をしゃべられている方もいらっしゃるでしょう。私達からすればその片言の日本語はおかしいものであっても、伝えようとする言葉は分かることもあるでしょう。それと同じことなのです。完璧に会話のできる英語力が必要であれば、それなりの学習が必要ですし、日常会話ができれば良いのであれば、しゃべりたいと思うフレーズを完璧にしゃべる事より、会話の流れを覚えることが大切です。少々単語が抜けたとしても、なんとなく意味は通じるものです。

教室にいったとしても、先生と会話が少なければ少ないほど上達が遅くなります。図々しいくらいにしゃべっても大丈夫です。完璧な英語の文法をマスターし、レッスンの日にその一言だけで終わってしまうより、間違いだらけでもどんどん会話をしましょう。レッスン外で先生と出会うことがあれば、間違えてても良いので、どんどん英語でしゃべりかけて下さい。
日常会話を目標にしているのであれば、正しい文法を習いにいってるのではなく、通じる会話能力を取得しに通っていることを忘れないようにしましょう。

このページのトップへ

Copyright(C) 英会話の習い方 All Rights Reserved.